KG's ブログ

2018.02.26

マウスピースの旅 vol.9

少し話しが戻るが、Dukoff(デュコフ)を使っていたのは、年月でいうと私が20歳〜36歳くらいだろうか...
34歳の時に「わさび」というオリジナルポップスバンドに加入するのだが、その時はDukoffを吹いていた。
この「わさび」というバンドは今現在も活動しているので、もう15年になる。
すごい長寿バンドである。


20歳〜36歳と書いたが、実はこの間ずっとサックスを吹いていたわけではなかった。
私は大学進学時に人より多く浪人をした。

「早く大学に入ってバンドがやりたい!」

毎日、そんな事を考えていたものだ。
そして念願の大学生になり、「さあ、やるぞ!」と言わんばかりにメンバーを探した。
高校生の頃は怖いもの知らずで「T-SQUARE」のコピーバンドをやっていたのだが、このフュージョンというジャンルのバンドを作るのは、実は難しい...

・このジャンル好きが少ない
・各パート、かなりの腕が要求される

私は自分のサックスの腕前を考えれば、言い出しっぺである私の実力が及んでいない事を重々承知していた。
そこで、女性ボーカルを立ててポップスのコピーバンドを作ろうということになったのだが、この時点では私は当然サックスでの参加を考えていた。

「さあ、誰の曲を演る?」
「プリプリなんかどう?」
「いいねぇ!」
「どの曲がいい?」
「19GROWING UP、GET CRAZY、GO AWAY BOY、世界で一番熱い夏...」

私も当時は好きな曲ばっかりだったので、ヤル気満々だったのだが、一抹の不安があった...
お気付きだろうか?
これらの曲にサックスは入っていないのだ。

「あら? 俺、演ることないやん...」

つづく・・・

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム