よも山ばなし

2018.03.07

ロックミュージシャンのソウル その2

テキサスのスリーピースロックバンド、Z・Z TOPの、1979年ワーナー移籍第1弾アルバム「皆殺しの挽歌」に収録。

Sam & DaveのI thank you。
https://www.youtube.com/watch?v=nCYK4Di8lhs

いかにもアメリカ南部らしい引きずるような重たい感じのアレンジが良いですねえ。
Z・Z TOPは1980年代に入ってシンセサイザーを導入したアレンジで大ブレイクしましたが、私はブレイク前のこの「皆殺しの挽歌」が一番好きですね。

因みに「その1」で取り上げたJ・Giles Bandも「堕ちた天使」でブレイクする前の1970年代の方が圧倒的に好きです。て言うか、80年代のは好きじゃないなあ・・・

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«3月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリーリスト

フィード