よも山ばなし

2018.03.07

ロックミュージシャンのソウル その3

ボニー・ブラムレットやライ・クーダーの70年代の幾つかのアルバムで、所謂ソウルの中堅どころのアーティストや曲、例えばグラディス・ナイトのIf I were your womanやハワード・テイトの曲などと出会うことになったのですが、ボニー・ブラムレットやライ・クーダーはそもそもロックミュージシャンという括りでいいのか?というところに若干の異論があろうかと思います。

なので、やはりバリバリのロックミュージシャンのカバーを1曲紹介

私の高校生時代の大アイドル、スティーブ・マリオット率いるハンブル・パイの I don't need no doctor。高校生の時にコピーしてグダグダの演奏をしたのを覚えています。

https://www.youtube.com/watch?v=0lxyRjzXvxo

オリジナルはレイ・チャールズで1966年の作品ですが、原曲の面影は有りませんねえ。

凄い解釈ですわ、ほんまに・・・

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«3月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリーリスト

フィード